小学校受験のペーパーができない・嫌い・苦手意識が強い
ペーパーテスト対策には問題集選びがとても重要です!

四方からの観察 合格する子は解き方が違う教え方が分かるお母さんのための問題集 物の見え方

小学校受験 合格する子は解き方が違う教え方が分かるお母さんのための問題集

【四方からの観察】物の見え方

四方からの観察は前後・左右・上下などから物を見た時、どのように見えるのか?を問う問題です。小学校受験では四方からの観察や物の見え方とも呼ばれます。

「四方からの観察の問題が苦手なんです…」

そんな、お母さまの声から生まれたのがこの『四方からの観察 問題集』です。

四方からの観察が苦手な子は、【立体を平面として考える事】が出来ていないため、

四方向から見た時の形が理解できないことが原因として考えられます。

この四方からの観察の問題集は物の見え方で1番重要な『四方向からの見た時の形を想像できる』ことを目標に作られた内容になっています。

この問題集では立体を平面として考え、いろいろな方向から物を見た時の形を理解できることを目標に問題集に取り組むことで段階別にステップアップしていきます。

1.ブロックを実際に見てみよう

問題集に出て来るブロックを実際に見る事でどのように見えるのかが分かります。

実物を見る事でいろいろな方向からの物の見え方を理解する事ができます。

2.ブロックを平面として考えてみよう

四方からの観察の問題は四方から見た立体を想像し、平面で解答するのが一般的です。

立体を平面として考えられる様に、ブロックを平面で表した紙を付ろくしました。

解答と同じ平面として立体を考えられる様にしました。

3.四方向から見た時の形を想像できる

問題についている「考え方ノート」では四つの方向から見た時の仕組みを分かりやすく解説しています。

学習を進めて行くことで【四方向からの物の見え方】がしっかりと理解できる内容になっています。

ブロックを使って実際に見る事ができる。また、立体を平面として見る事ができる紙を付属。ブロックを問題集の中で回答する時のイメージや四方向から見た時の形を想像できる力がつき、子どもでも分かりやすい工夫をこらした問題集になっています。

初めて四方からの観察の学習をスタートするお子様。

自宅学習がはじめてのお母様に向けた、分かりやすい小学校受験「四方からの観察・物の見え方」はじめての1冊となっています。

分からない=つまらない → 分かる=「勉強って楽しい!」

【限定】四方からの観察も入った更にお得なセットはこちら↓↓↓

TOP